ペットの診察・治療・病気予防
フィラリア予防・去勢避妊・鍼灸

アクセスマップ・愛知県知多郡阿久比町

診療時間

犬・猫・ペットの治療と予防│リリー動物病院

【ちょっとしたお話】 予防・ケア

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

ワンちゃん猫ちゃんたちが、最近ではこたつに入りっぱなし…なんてことも多いかと思いますが、暖房器具はときにやけどの危険をもたらします。

やけどしないように気を付けているから大丈夫、という事でも、低温やけどの危険はたくさん潜んでいます。

 

 

低温やけどの原因

低温やけどはその名の通り、やけどするとは思えないようなほんのりとした熱を持つ物に、長時間触れることで起こります。

具体的には、44度の暖房器具に3~4時間程度触れることによって低温やけどを発症します。

温度が上昇するにつれて、低温やけど発症の時間も短くなり、46度では1時間で低温やけどになる危険性があります。

ワンちゃん・猫ちゃんの体温は38度ほどで、これより温度の高い物に触れるときは、必ず低温やけどのリスクがあるということです。

 

低温やけどの症状

軽傷の場合は皮膚が赤くなってヒリヒリして、痛みを感じる程度のものです。

ワンちゃん・猫ちゃんの場合、毛が邪魔をして、軽度の場合は低温やけどしていることに気が付かないことが多いです。

そのため重症化しやすく、冬場は日頃から皮膚の状態をしっかりチェックする必要があります。

また、肉球も低温やけどになりやすい部分です。

しきりに肉球をなめる、触ると痛がる場合は要注意です。

 

ひどくなってくると水膨れや腫れ、脱毛、出血、炎症を起こした部分がじゅくじゅくするといった症状がでてきます。

低温やけどは普通のやけどより治りが悪く、痛みが長期化しやすいのが特徴です

 

低温やけどの予防

低温やけどを防ぐためには、飼い主様がワンちゃん猫ちゃんを見守ることができない時には、ホットカーペットやこたつなど低温やけどの危険性がある暖房器具を使用しない、

またはタイマーをかけるなどの対策が必要です。

もしくは、タオルでくるんだ湯たんぽなどを使用するのもひとつの手段です。

ペットボトルでも代用できますので、適度な温度のお湯を入れて使用するのも良いかもしれません。

必ず厚めのバスタオルや毛布で巻くなどして使用しましょう。

 

低温やけどの治療法

注意していたのに低温やけどをさせてしまったら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。

しかし、すぐに病院に行ける状況ばかりではないと思いますので、人と同様とにかく冷やす事が大切です。

 

①冷水・保冷剤で患部を冷やします。

やけどの場合、かなりの痛みがある可能性がありますので、咬まれないように注意してください。

痛みが強い場合はガーゼを当ててから冷やすのも有効です。

②傷になっている場合、清潔なガーゼで覆います。

患部に繊維がくっついてしまうので、脱脂綿は使わないようにしましょう。

③こすらないようにして動物病院へ行きましょう。

特に広範囲の場合、患部を冷やしたあとは、体温保持に心掛けましょう。

濡れたままで放置すると、低体温を起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

あくまでも緊急時の対応です。

病院にお電話がつながる時は、連絡を取りながら対応して下さい。

 

 

ワンちゃん、猫ちゃんに痛い思いをさせないために十分な配慮をして、

快適な冬を過ごさせてあげましょう(*^^*)

 

 

文責:看護士 鳥居

2017年 2月 03日 掲載

歯周病は犬に多いお口のトラブルの1つです。

炎症の進み具合によって「歯肉炎」と「歯周炎」にわけられます。

 

「歯肉炎」 初期段階の症状で歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)に食べかすなどがたまり細菌が繁殖し始めます。

歯は黄色や茶色っぽくなり、歯肉は赤く腫れてきます。

「歯周炎」 歯肉炎が進行した状態。

歯周ポケットが深くなり、細菌はさらに繁殖します。歯肉の赤みと腫れもひどくなり、口臭が感じられるようになります。

 

歯周病の原因の1つは歯垢(約70%が細菌)です。

歯についた歯垢は数日間放っておくと石灰化し、歯石になります。

歯石の表面は凹凸になっており、そこに歯垢が付着することによって、細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

繁殖した細菌は歯肉に炎症を引き起こし歯周病に繋がるおそれがあります。

歯石は歯ブラシでは取ることができません。

歯石になる前に歯磨きをして歯垢を取り除いてあげるように心がけましょう☆

 

歯周病を放っておくとどうなるの?

歯周病の細菌が深部にまで感染が広がることにより、上顎だと、口から鼻の骨を溶かし、くしゃみや鼻水が出たり、鼻から出血したりします。

さらに進行すると、目の下に穴が開いて膿が出てくることもあります。

下顎の場合は、顎の骨を溶かしてしまい堅いものを食べたりして衝撃をあたえると骨折してしまうこともあります。

また、細菌が血管の中に流れ込んでしまうと全身に運ばれ、心臓や腎臓などの臓器に悪影響を及ぼし、

疾患を引き超こしてしまうことも考えられます。

 

〇歯周病の予防

お口の中をチェック!

口の中を見る習慣をつけることで病気の早期発見にもつながります。

歯や歯茎の色、歯垢や歯石が付いていないか定期的に確認し、デンタルケアをしてあげましょう。

いきなり歯ブラシで磨こうとすると怖がってやらせてくれなくなることもあるのでフードやおやつを使って徐々に慣れさせるところから始めてみて下さい(^^)

どうしても、歯ブラシを嫌がってしまうワンちゃんは、LIBAⅢというスプレーがおすすめです。

LIBAⅢはスプレーすることによって、歯石を溶かしていく効果があります。

 

こまめに歯磨きをすることで病気の予防になります。これからも愛犬の健康を守ってあげてください(*^-^*)

 

 

参考文献:PEPPY

文責:看護師 齋藤

2016年 9月 08日 掲載

病院でもらってきたお薬、なかなか飲めなくてタイヘーーン(*_*) ということはありませんか?

今回はそんな子達のために、投薬のちょっとした工夫のお話です。

 

当院ではお薬をお出しする時に、できるだけ錠剤が良いか粉薬(水薬)がよいかお聞きするようにしています。

おやつ大好き!な子は、少量のチーズやお肉でくるんでお団子にしてもらっています。

コツはお団子を3つ用意し、2番目に挙げるお団子の中にお薬をくるむことです。

(病気によってはあまり食べない方が良いものもありますので、何でくるんだら良いかはスタッフに確認してくださいね。)

 

粘土の様な質感の美味しいサプリメントやオヤツもありますので、それを使われるのもよいですね。

 

 

大きな錠剤が飲み込めない子は、錠剤を割るための製品「ピルカッター(錠剤カッター)」も売られています。

小さくするためだけなら良いのですが、きれいに半分に割るためには透明で刃のしっかりしたものがオススメです。

ハサミタイプのものは、お薬を落としてなくしてしまわないように注意して下さい。

 

 

錠剤、粉薬のどちらが飲ませやすいかわからないという子には、「ピルクラッシャー」の機能がついている物が良いと思います。

粉薬派のピルクラッシャー機能のみの製品もあります。

お家にある物でしたら、小さなすり鉢などでも代用できるかもしれませんね。

 

このようにお薬の飲み方にもいろいろな工夫があります。

困ったときはお気軽にご相談くださいね!

 

文責:獣医師水出

2016年 1月 18日 掲載

今日は腎機能を調べる検査についてのお話です。

前回ちょっとしたお話で紹介した通り、腎臓病は進んでいく病気のため、1度障害を受けるとその機能は回復しません。

腎臓に疾患がないか早目に気付けるよう、以下の検査を定期的に受けることをオススメします(・∀・*)

 

【血液の検査】

1、BUN(血液尿素窒素)

→栄養源であるたんぱく質の燃えカス=窒素が血液中にどれだけ含まれているかを示すもの。

腎臓でろ過・吸収されるため、腎機能が落ちると上昇します。

 

2、CRE(クレアチニン)

→クレアチニンは、筋肉が働くためのエネルギー源であるクレアチンが代謝されてできる老廃物です。

BUNと同様、腎機能が落ちると上昇します。

 

3、電解質(ナトリウム・カリウム・クロール・リンなど)

→腎臓には血液中の電解質を調節する機能もあります。

そのため、腎機能が落ちると、電解質のバランスが崩れてしまうことがあります。

 

4、血球検査

→腎機能が落ちると、腎臓が生産している造血ホルモンの分泌量が減り、貧血になることがあります。

 

※初期の腎臓病では、血液検査では異常がみつからない場合があります。

 

【尿の検査】

初期の腎臓病を発見できる場合があります。

腎臓病になると、低比重尿(薄いオシッコ)になったり、尿中にタンパクが下りたりします。

 

【エコー検査】

腎臓の表面がデコボコに観察されたり、腎臓自体の萎縮がみられたりします。

 

*********************************************************************

 

腎臓も、肝臓と同様に症状があらわれにくい臓器のひとつです。

病気を早期に発見するためにも、半年に1回の健康診断を心がけましょう☆

 

気になることがございましたら、ぜひ一度ご相談ください(*^^*)

 

 

 

文責 動物看護士 鳥居

2015年 11月 20日 掲載

今日はお家でできる涙やけ対策を紹介します!!

 

1、涙やけとは?

涙がまぶたから溢れ出てしまう「流涙症」により、犬の目の周りの被毛が濡れて色が変わってしまう事を

涙やけと言います。この涙やけの原因となる流涙症は、被毛の色が変わって見た目が悪くなるだけでなく、

充血したり乾燥したりと目のトラブルにも繋がってしまうと言われています。

 

2、流涙症のタイプは4つ!!

タイプ① 分泌される涙の量が多い。

原因→まつ毛や被毛が目に触れる等。

対処法→目に触れそうなまつ毛や被毛は抜く。

 

タイプ② 涙の排泄に問題がある。

原因→目と鼻を繋いで涙の通り道となる鼻涙管が詰まる。

対処法→麻酔下で鼻涙管が通るように洗浄する。

 

タイプ③ 目が涙をうまくキープできない。

原因→まぶたにあるマイボーム腺(目の表面に一定量の涙をキープするために必要な油を分泌する腺)が詰まり、涙を目の表面に保持出来なくなる。

対処法→マイボーム腺を温めて油の詰まりを解消する。

または、麻酔下でマイボーム腺の詰まりを絞り出す処置をする。

 

タイプ④ その他の病気。

原因→(例)眼瞼内反(まぶたが内側に反っている病気)、ドライアイなど。

対処法→原因となる病気を治す。

 

流涙症のタイプと原因が特定されたら、それぞれに適した治療を行います。

当院でも長年涙やけを患っていたワンちゃんがドライアイの治療のためにマコモ水の点眼を一日二回続けるようになったら治まりました!といううれしい症例をいくつも伺ったことがあります。

1つのパターンに限らず、様々な原因が重なって症状が出る場合も多いため、まずは動物病院で診察を受け、慎重に判断する事がおすすめです。

 

 

3、お家でできるデイリーケア♪

目の周りを拭く…市販の涙やけ用ローションなどに浸したコットンで、目の周りに付いた涙や目ヤニを

拭き取ります。目安は1日1回。

 

目を温める…濡らして温めたタオルで、犬の目を覆います。温める時間や頻度は自由ですが、

できるだけ頻繁に行うと効果的。

 

目の周りを拭き取る方法の他、温めてマイボーム腺の働きを活性化させるなど、毎日行うことで回復につながります。涙やけは仕方のないことと思っている飼い主様も多いかもしれませんが、まずはタイプや原因を探るところから始めてみて下さいo(^▽^)o

 

 

 

引用文献:2013年Wan9月号より

文責:動物看護師 西尾

 

2015年 6月 15日 掲載

「尿石症」は頻尿、血尿、排尿困難(尿が出にくい)などの症状を引き起こす病気です。

ひどい子になると完全尿閉(尿が全く出ない)となり、急いで入院や手術をする必要があります。

尿石の種類はいくつかありますが、多くの場合はストラバイト結石やシュウ酸カルシウム結石と診断され、治療後に再発を防ぐために食餌療法が必要となります。

 

治療・再発防止のためのご飯は結石の材料となるリンやマグネシウムなどの栄養素を制限してあります。

基本的には処方食のみを与え、確実に栄養素の制限が出来るようにしていただく事が理想です。

しかし、「どうしてもオヤツを欲しがって…」という方には、「マグネシウムが多いものは絶対に避けて下さい」とお伝えしています。

 

尿石症の子に与えてはいけないオヤツ

マグネシウムは 大豆製品、魚介類、海藻、木の実(これは他の理由からもワンちゃんには避けて頂きたいおやつです)に多く含まれています。

例)  海苔 ごま ワカメ きなこ 煮干し 納豆 豆腐  アサリ イクラ ほうれん草 切り干し大根

 

リンは 魚介類、乳製品に多く含まれています。

例)  しらす 煮干し レバー チーズ 卵黄 ハム  ササミ 海苔 そら豆 モロヘイヤ

 

!!!ポイント!!!!!

★ 上記にあげた食べ物以外でも多くの物にマグネシウムが含まれています。

あくまでも基本は処方食だけ!とお考えいただき、やむを得ず他の食べ物を与える場合はどのようなものでも少量のみを心掛けて下さい。

 

★ 処方食以外の物を与えることで栄養素の制限が弱まるため、悪化・再発のリスクが上がってしまいます。

処方食だけの子よりもさらに検診(尿検査)が重要になりますので、出来れば1~2か月ごとにしっかりと検査を受けてくださいね。

 

 

 

担当:獣医師 水出

2015年 4月 17日 掲載

花粉症の方には憂うつな季節ですね。花粉症の友人のマスク姿に同情しつつも、私は絶対に!花粉症にはならない!! と決めています。対策は何もしていませんが。

動物にも花粉アレルギー(と思います。)と診断することがありますが、人間のように目のかゆみや鼻水・くしゃみが出るというよりは、かゆみを伴う皮膚炎を起こすことの方が多いです。症例は、ほぼ100%犬で、猫ではまれです。

原因となる花粉はスギ花粉よりも、草むらなどに生えている雑草の花粉であることが多いので、草むらに行かないのが良いのですが、それはまず不可能です。体についた花粉を落とすという意味ではシャンプーも有効ですが、シャンプーの成分である界面活性剤は皮膚を守っている脂質(主にセラミド※下記参照 )を除去してしまうので、やりすぎると逆効果になってしまいます。

お散歩は毎日のことなので、花粉がつきにくいような服を着せたり、草むら後はぬれタオルで体を拭く、くらいが現実的な対策と思われます。

※セラミド・・・皮膚のいちばん表層の角質層の細胞間に存在する脂質で、親水基を持ち保湿に重要な物質であると考えられています。皮 膚の乾燥はアトピー性皮膚炎の悪化要因です。 セラミド配合のサプリメントを飲み始めてから、かゆみ止めのお薬を減量できたワンちゃんもいますので、ぜひお試し下さい。

獣医師   渡辺

2015年 3月 25日 掲載

皆さん、おうちのワンちゃん猫ちゃんを人間に例えると何歳かご存知ですか?

方法はいくつかありますが、簡易的に最初の1年を20歳、その後は1年ごとに4歳と計算した場合、下の図のようになります。

 

飼い主さんにとって8歳くらいのワンちゃん猫ちゃんは、まだまだ元気そうに見えますが、人間の年齢に換算してみると、実は50歳近くになります。

 

人間の場合、会社に勤めていれば、特に病気の徴候がなくとも、年に1回程度の健康診断を受ける方が多いと思います。

では、おうちのワンちゃん猫ちゃんの場合はいかがでしょうか?

 

上の表のように人間の年齢に当てはめてみると、1年に1回の健康診断では、4年に1回しか健康診断を受けていないことになります。

すこし少ない印象を受けませんか?

当院も加入している『ペットの健康を守る会』では、半年に1回の健康診断をお勧めしております✩

健康状態を把握する、病気を早期に発見するためにも、半年に1回の健康診断を心がけましょう(*^^*)

 

 

 

参考文献 ロイヤルカナン ベッツプランニュース

文責 看護士 鳥居

2015年 1月 22日 掲載

2015年1月、中国の陝西省にある野生動物の研究施設で飼育されているジャイアントパンダ4頭が「ジステンパー」に感染し、そのうち2頭が残念ながら亡くなってしまったというニュースが飛び込んできました。

この病気は犬ジステンパーウイルスによって感染し、発症すると死亡率が90%以上とも言われる恐ろしい病気です。

混合ワクチンの普及によって、発生率はかなり減ってきているものの、まだまだ恐ろしい病気の一つとしてあげられます。

今回はこの病気のお話をさせていただきます。

 

 

 

原因:犬ジステンパーウイルス

このウイルスは感染した動物のすべての分泌物・排泄物中に含まれます。

主な感染ルートは人間の風邪と同じような「飛沫感染」です。

ウイルスの排泄は通常症状回復後1~2週間と考えられます。

 

発生:飼い犬、野生動物(キツネ、タヌキ、フェレットなど)

※ 飼い猫は罹らないとされています。

 

症状:① 倦怠、食欲不振、元気消失、発熱

熱は一度下がったあとに再度上がります。この二回目の発熱の頃から症状が出始めます。

② 目やに、鼻水などの風邪症状  嘔吐、下痢  結膜炎など

③ 神経症状 ( 全身発作、“チューインガムを噛んでいるような”歯がみ 歩行障害 麻痺)

 

治療:残念ながら、基本的には効果的な治療法はないとされており、対症療法(その時出ている症状をおさえる治療)をしていくことになります。

死亡率は極めて高く、命が助かったとしても症状がじわじわと進行していったり、後遺症が残ったりする恐ろしい病気です。

 

予防:混合ワクチンを打つことで100%近く感染を防ぐことができます。

しかし、毎年一度追加接種をしていかないと生涯にわたる予防効果は得られないと考えられています。

一年に一度の追加接種を忘れず、恐ろしいウイルスから大切なペットをガードしてあげてくださいね。

 

 

 

 

2015年 1月 10日 掲載

いつの間にか、ずいぶん寒くなってきましたね。冷え症の私にとって、冬は地獄の季節です。温泉行きたいなぁ。

皆さんもよくご存知と思いますが、冷えは万病のもとです。冷えると免疫力が低下するので感染症を発症しやすくなり、また胃腸の動きも悪くなるので消化不良や下痢を引き起こします。

動物は毛がフサフサしているので暖かそうに見えますが、平熱が人間より2度以上高いので(鳥さんはなんと平熱が40℃台です)、もしかしたら私たちより「寒いな・・・」と思っているかもしれません。

さて、動物の温め方ですが、動物は暑くなっても自分で服を脱げませんので厚着させるのはオススメしません。動物が寒いと感じたら、いつでも移動できるような暖かい場所を用意するのが一番、理想的です。室温が高いと、もし暑くなった時に苦しいので(動物は主に呼吸を使って体温調節をします)、エアコンに頼るよりもホットマットや湯たんぽの方が適しています。鳥さんやげっ歯類の皆さんは、ペット用の赤外線ライトなど専用の暖房器具が市販されていますので、それを使って下さいね。

電化製品のコードはかじられないように、くれぐれもご用心を。

獣医師  渡辺

2014年 11月 27日 掲載