ペットの診察・治療・病気予防
フィラリア予防・去勢避妊・鍼灸

アクセスマップ・愛知県知多郡阿久比町

診療時間

犬・猫・ペットの治療と予防│リリー動物病院

院長コラム

『一人じゃないって、素敵なことね(^^♪~・・この歌詞に聞き覚えのある人は、世代がばれてしまいますね(笑)!』

皆様、こんにちは!
日本はず~っと天災続きで、大変なことになっていますね・・・。
今現在起こっている台風の被害が最低限であり、皆様が安心安全であることを、心からお祈りしています。以下のコラムは10日前に書いたものです。

去る9月8日(土)に、名古屋のリリー動物病院・東洋医学クリニックにて、去年に引き続き『中医学セミナー』を開催させて頂きました。
内容の概要は、先日『よもやま話』にアップしましたので、宜しかったらご覧下さいね(*^_^*)!

ところで、困難が起こると、いろんなことが見えてきますね・・。
それを乗り越えようとして人間は成長し、そして自分を取り巻く人たちの人間性もその時に分かったりしますよね・・・。
ある方に「本人がその体験を通して成長したいから、無意識の中でその困難を選んでるんだよ。」と教えて頂いた時、「そうかも知れないな~・・。」と思いました。
でも、こうしてコラムを書いている間にも、先日起きた天災で、不自由な生活を強いられている方々のことを考えると、「成長するために困難があるって言うけど、当の本人にしてみると、納得できることばかりじゃないだろうな~・・・。」とも思ったりします。

「工藤はさっきからごちゃごちゃ書いて、一体何が言いたいんだ~!?」ですよね?!
そうですね~・・・。
今回のセミナーの準備で「私と繋がって下さる方々がいてくれて、有難いな~!!」ということを実感したってことですかね・・。

私は、子供の頃からぼ~~っとしてましたので、家族に「ゆり子は本当に能天気(脳天気?!)な奴だ」とよく言われて育ちました。
でもこんな能天気な私でも、三年に一回くらいは落ち込むことがあるんですね~。

つい先日も、ちょっとした事件が起きました。「あ~あ・・・。・・・。」って感じで・・。
仕事もやる気が落ちかけました。

でも、落ち込んではいられなかったんですね。
だって、鍼灸治療の仕事は毎日あるわけだし、セミナーの準備もしなくてはならなかったのですから・・。
今回のセミナー、私なりに結構気合入れて準備しました。
獣医になってからずっとセミナーを受ける立場でしたが、やってみて初めてその準備の大変さを実感しました。
当たり前の話ですが、仕事の合間や仕事が終わった後でセミナーの原稿書いたりしてましたので・・。
それに「来て下さる方々に、絶対いい加減なことを言ってはいけない!」という責任感もありましたから、「西洋医学とは全く違う中医学をいかに分かり易く伝えられるか!!」というところに力を入れたんですね・・。

そうこうしているうちに、ふっとその事件で頭を覆われそうになった瞬間がありました。
でもその時「忙しいのに、全身全霊で応援してくれる水出先生やスタッフがいてくれる・・・私は決して一人じゃないんだ!」って、思ったんですね!
そうしたらなんか本当に有難くて、元気も湧き出てきて、今思い出してもうるうる来てしまいそうです。

実は水出先生、私のセミナーのパワポを作成する為に、中医学の本を何冊か読んで勉強してくれてたんですね。そして彼女も仕事と家事の合間に私のセミナーのパワポを二月前から作ってくれていました。
最後の一週間は、毎日名古屋の病院に寄ってくれて、遅い時間まで私の原稿と彼女が作ったパワポとを合わせてくれて、何度か修正と練習をしてくれました。

水出先生や他のスタッフ達、この中医学を教えて下さった学院の山内校長先生、国分先生、西依先生・・そして励ましあう鍼灸仲間もいてくれる。もちろん家族も友達も・・・。
・・・って考えると、「落ち込むの時間の無駄!!」って感じがしたんですね。

自分の想定外の問題が起きた時、そしてそれに立ち向かう時、立ち向かいながらちょっと着眼点を変えてみると、「結構いけるかも~~(^_-)-☆!!」ということを体感したわたくしでした。
日々感謝です(*^_^*)。

◇◇◇

水出先生私の前か後か横には、いつも水出先生がいてくれます。

今までこうして二人三脚で来ました。でも・・いつの日か、二人三脚が四脚にも五脚にも六脚にも七脚にもなり・・・いつもみんなに助けてもらってここまで来ました。本当に感謝です。

医学気功中医学の総論と陰陽論の講義の後、皆さんで医学気功をしているところです。

三人の写真を撮って頂きましたセミナーが終わって、出席して下さったみちこさんにホッとした三人の写真を撮って頂きました。

みちこさん、ありがとうございました(*^-^*)。

国分龍彦先生1~2か月に一回、大阪の巨匠・国分龍彦先生(日本獣医中医薬学院最高顧問)に腰痛の治療をして頂き、名古屋に帰ってからは国分先生ご指導の元、自分で針を刺しています。

この日は、当学院の卒業式に出席されるとのことで、卒業生に『はなむけの言葉』として、卒業後もいろいろ学んでもらえるようにと、いくつかお言葉をお考えになられたものを、ご無理を言って見せて頂きました。

国分先生にお逢いする度に、「大阪特有の冗談の合間に出されるお言葉は深いな~・・・。」と、いつも思います。

アクセサリー右のアクセサリーは、水出先生の長女ゆきのちゃんが、雨の日にレストランなどに行った時に、私の傘が行方不明にならないようにと、作ってくれたものです。

左のお手紙は次女のゆいかちゃんが、書いてくれたものです。

最後の一週間は私のセミナーの練習等でお母さん(水出先生)の帰りが遅くなったにも拘わらず、こんなに素敵なプレゼントをくれた二人に本当に心から感謝です♡(⋈◍>◡<◍)。✧♡

2018年 10月 01日 掲載
Home » 院長コラム (現在のページ)